BLOG

恒例となった韓国観光公社福岡支店の韓国旅行セミナー。10月23日は俳優、エッセイストである黒田福美さんが、福岡からのアクセス抜群で美と健康、グルメが充実した慶尚南道の旅について話をした。
30年以上韓国への往来を続けてきた黒田さんが勧めるのは地方への旅。ただその時にネックになるのが言葉と荷物ということで、それを解決する方法を教えてくれた。
釜山からは地方都市に行きやすいので、最初に釜山に入る。そこで、初日に釜山でやりたいこと、例えば、買い物、エステ、カフェ巡りなどをする。宿に大きな荷物は預け、軽いリュックに最低限の荷物を詰めて地方へ向かう。大事なのは荷物は少なくても、身支度はきちんとすること。やはり、何かの時に親切にしてもらえるからと^_^
黒田さんは重くなりがちの化粧品をなるべく軽くする工夫をしていて、アイシャドウ、口紅などは1枚のパレットに納めている。首からペンを下げ、自然の中に行くことも増えるので手袋も不可欠だという。
言語の問題で助けになるのが、現地で困った時、日本語でいろいろな質問ができるアプリ。
1330KoreaTravelHotline
これを登録しておくと、自分がいる所の近くにある宿や食堂の場所、タクシーを利用するときに事前にだいたいの 利用料金や時間などを聞いたりできて、心強い。実際に会場で黒田さんが電話をかけて試してみた。その時は、いま、担当言語のものがいないのでお待ちください、という回答があり、後で電話がかかってきていた。
旅の達人だからか、宿は決めずに地方へ行き、wifiルーターも借りないそう。 
続いては、観光スポットの魅力について。美しく豊かな海に面したヨスは食べ物が美味しい町。韓国の人々が退職後に住みたい場所NO.1のチリ山のふもとはハイキングコースも多く、気が強いエリアだそうだ。
また、儒教や仏教を通じて育まれて来た優れた文化をぜひ見て欲しいという。エリア付近には、トンド寺、海印寺、松広寺という三大名刹がある。 
テンプルステイができると場所もあるので体験してみてくださいと。
何かを見物するだけでなく、そこに行き着くまでに起こる様々なことを楽しむこと、人情に触れることが旅の醍醐味だと思います、と話を締めくくった。聞き取りやすい声と簡潔な内容の話で、あっという間の1時間半だった。
午後6時、いよいよ開幕式の始まりだ。と、ここからしばらく俳優さんや監督さんたちのレッドカーペット行進が続く。
「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち」や「力道妖精キムボクジュ」などに出演している若手伸び盛りの俳優、ナム・ジュヒョク。
言わずと知れたスエ。
ひときわ歓声が大きかったチャン・ドンゴン。
こちらも大歓声のヒョンビン。
名優アンソンギ。
美しい女優さんたちが続く。
巨匠!イム・グォンテク監督。
今年の司会はキム・ナムギルとハン・ジミン。活躍中の二人とあって会場も盛り上がった。
開幕セレモニーのオープニングは映画音楽の巨匠、坂本龍一のピアノ演奏。静まり返った会場に名曲戦場のメリークリスマスが響き渡った。
演奏終了後「今年のアジア映画人賞」を受賞した坂本氏は「今、朝鮮半島に平和が訪れようとしている。暴力による支配がなくなることを祈っている」と語った。
8時半頃から始まった開幕映画は、6年ぶりにスクリーンに戻って来た女優イ・ナヨン主演の「ビューティフルデイズ」。脱北女性が主人公の過酷な現実を描いた作品。うーん、題名とかけ離れているが、最後に希望を託したのかなという感じ。この監督は、ドキュメンタリー「マダムB」でも脱北女性を扱っていたなあ。 
時折、小雨が降り込み、強い風が吹き込んで来たが、10時半には無事に開幕式は終了した。
土曜日に帰るつもりだったが、台風のために飛行機が飛びそうになかったので、泣く泣く翌日、福岡に戻った。来年はゆっくり映画祭を楽しみたい(^^)
2002年からほぼ、毎年通っている大好きな映画祭。今年も釜山に住む友達に頼んでやっとこさ開幕式のチケットを1枚GET。10月4日、意気揚々と出かけるつもりが台風25号の影響でヤキモキしながらの釜山入りとなった。
今回、初めて海雲台に宿を取った。海雲台となると金海空港からはリムジンバスが便利だ。運転手のおじさんが乗客それぞれに宿泊ホテルを確認して、バス停に到着するたびにホテルの名前を連呼していた。
夕方までに時間があったので西面まで行って、カフェ巡りをした。
以前から気になっていたのが「ももち」。というのも、オーナーが福岡の百道浜の海が気に入って名付けたと聞いていたから。店内には日本の雑誌や雑貨も置いてあり、ゆっくり寛げた。
田浦のカフェ通りには行くたびに新しい店がオープンしている。地元っ子に聞いたところ週末毎に列が出来るスイーツの店がいろいろある。左上は最近できたワッフルの店。2階からの眺めは良好!右上はマカロンの店。ほかもいろんなスイーツが自慢のショップだ。今度ゆっくり味わいたい!

9月14日(金)に開催された韓国観光公社のセミナーは、韓国大衆文化ジャーナリスト古家正亨さんによる講演「韓国流エンタメ目線で伝える釜山とその魅力」だった。

韓流ファンにはおなじみの古家さんが釜山で開催されるエンタメイベントや映画やドラマの撮影地として登場する釜山のスポットなどを楽しいトークとともに紹介した。
とくに10月の釜山はイベントが目白押し。10月4日から13日まで開催される釜山国際映画祭、20日から28日まではEXO、ワナワン、SEVENTEENなど豪華アーティストが共演する2018釜山・ワン・アジア・フェスティバル、続いて花火大会など。他にも年間を通して、6月頃に催される釜山国際マジックフェスティバル、8月の釜山ロックフェスティバル、9月の国際コメディーフェスティバルなどなど。

続いてロケ地で見る釜山ということで、映画チング、ドラマ赤道の男などいろんな作品に登場する甘川文化村。映画ツナミ、10人の泥棒、コンフェッション友の告白などの舞台になったトンベク公園。国際市場で会いましょうなどのチャガルチ市場、ドラマtwo weeks の広安里、映画技術者たちの五六島、ドラマスターの恋人の釜山タワーなどなど枚挙にいとまがない。なかでもドラマ応答せよ1997は釜山が舞台で、言葉と風景がマッチしていてかなり釜山の街が楽しめる。釜山の街の魅力としてオススメは駅の近くの路地にある大衆市場。ここで好きなオカズをちょっとずつ買って部屋で食べるのもいい!と。コアな韓国達人ならではの楽しみ方!今回のエンタメ目線からの釜山の話、韓国映画ドラマ好きの私にとってはかなり面白かった。

トンカチでエビを叩いて食べるお店に
行くのも、今回の釜山旅の目的!

広安里、西面などにお店がある、
숨비 소리スンビソリの西面店へ!
おしゃれな店内!
テーブルセッティング。
せっかくなので、14万ウォンの、
ロブスター刺身、最後に鍋までつくコースに!しかし、高いよね…
サラダ
ドライアイスもくもくのロブスター刺身!
メインの海老ちゃん、登場!!
殻が硬い海老なのでトンカチで割って食べます!頭の味噌は少なめ。
蒸しロブスターも付いてきた!これは注文時に気づかなかった、ちょっと多すぎ(^◇^;)
締めにラーメンが入ったチゲが出てきたんですが、ま〜びっくりな辛さ!!
麺、2口すするのが限界でした(T . T)
口が痛くてもうこれ以上食べられず!

かなり高かった割にあまり食べれず、
うーむ、もういいかな、という感想。
3人以上の大人数で食べるのがオススメ!
お盆休みに釜山へ。
異常な暑さの日本から、
なんも考えずに釜山に行ったら、
やっぱりものすごく暑かった(^_^;)

暑くてカフェばかり行ってた釜山でした。
スイカジュースとメロンミルク。
どちらも美味しかった!
このボトル込み、とは言え約800円、は
なかなか高いですが。
ただし、お店ではボトルを洗ってはもらえないし、トイレで洗うのもNG。
余った氷だけは捨ててくれます。
西面、田浦カフェ通りにあるU:DALLY。

こちらは広安里のカフェ。
暑かった〜!


西面に出来てたハリポタ風カフェ。
アイスとクッキーがメインみたい。
中に入ったけど、ちょー満席で、 
待ってる人もたくさんいて、諦めました。
8月4日、福岡ユネスコ協会主催の講演会に参加した。テーマは「日本発 韓国映画の魅力を探る!」
2018年前半に韓国でヒットした映画に「いま、会いにゆきます」と「リトルフォレスト」がある。どちらも原作は日本の小説であり、漫画だ。ソウル在住の韓国・東国大学映画映像学部教授のチョン・スワンさんが韓国における映画業界の背景や現状の解説から、様々な角度から見た二つの映画の日韓比較までを話してくれた。機械の調整不備というアクシデントがあり映像の部分は不十分ではあったが、細かな例を挙げての比較論は面白かった。
個人的には同じ作品を見ると断然、韓国映画の方が面白いと感じる率が高い
。そんな意見に対して、チョン・スワンさんは、韓国映画は面白い、日本の映画は良い映画という表現をされていた。映画の日韓比較は奥が深く、興味をそそられる。もうすぐ、韓国映画の名作サニーの日本リメイク版が公開される。比較しながら日本の映画をじっくり見てみたい。
アンニョン。タルソン郡への旅。最終日は大邱の街へ。朝6時半にタルソン郡のホテルをチェックアウト。大邱空港で朝ごはんを食べ、スーツケースを預けてから、街に行きました。朝から開いてるお店があるかな、と探したらありました!
ポモ駅1番出口から徒歩10分。「カーテンコール」というカフェ。朝8時から営業。朝から開いてるなんてエライ!
中は劇場をイメージした造り。
ここはチョコカフェ。注文を受けてから、なんとチョコを削ってドリンクにトッピングしてくれる。
削られるチョコの山。チョコは3種類。
アイスカフェオレ的なもの。削りチョコの食感とドリンクが絶妙!
街から空港へ戻り、預けてたスーツケースをピックアップ。大邱空港にはロッカーが無いため、預けるのはコンビニ!料金は4000ウォン。
預けたスーツケース。どこにあるのかな、と思ったら、コンビニの倉庫にあった。
預ける時に名前と電話番号を伝えたら、スーツケースに名前が書かれたポストイットをピッっと貼って終わり。けっこうなアバウトさ。笑。
空港で時間があったので、2階の韓国薬膳弘報館へ。パラフィンパックで手がピカピカに!
#koreanmedicinecenter
パラフィンでコーティングされた手をビニールに包みます。
さらに上からミトン。あったか〜い。
待つこと15分。待ってる間は、セルフ足ツボマッサージ。
パック完了!潤ってます。良い気分転換になりました。


アンニョン。タルソン郡2日目は、朝から電気バスに乗って、ピルス山の大見寺(テギョンサ)へ。朝の8時半。山の上なので涼しい。
可愛い電気バス。行ってきまーす。
途中の景色。右の方に見えるのが大見寺。
お寺に到着。自然に囲まれて気持ちいい。
実はここ、ツツジの名所。下の緑が春はピンク一色に!見頃は4月下旬から5月上旬。次回はこの時期に来てみたいなぁ。
絶景!

ナクトンガン。川。遊覧船でクルーズもあり。特にサンセットクルーズがオススメ。

韓流ドラマ「大丈夫、愛だ」のロケ地「花園東山」。
ドラマ見た後だと、数倍楽しいハズ。
酒幕村でお昼ご飯。チヂミ、チゲ、そうめん、マッコリ。
馬飛亭壁画村。この絵は魔除け。2頭の馬の美しくも悲しい物語が壁に描かれている。
馬飛亭壁画村では、薬草を使った香り袋作りの体験もあり。
韓流ポプリ。
カボチャのシッケ。甘酒のようなもの。とったも美味しかった!
南平文氏本里世居地。昔の家が残ってる。ちょっと竹富島に似てる。
道東書院。世界遺産候補。韓国5大書院の一つ。
タルソン郡の観光スポットを駆け巡りました。素朴で、自然いっぱいで、歴史探訪もできて。地方都市が好きな人には特におススメかと。
アンニョン♪7月19日〜21日まで、韓国に行ってきました!
今回の目的地は、大邱広域市のタルソン郡。
大邱へは、福岡から直行便が出てますが、今回は釜山経由で。

釜山の空港からは、高速バスで移動。東大邱行きのバスに乗ります。
チケットをゲット。
高速バス。中は指定席。WiFiも無料で使えるし、席にUSBの差込口があるので、携帯の充電もできて便利!
東大邱まで、10400ウォン。
行ってきまーす!
バスの中では、大好きなバナナ牛乳を飲みました。
東大邱駅からタクシーで大邱空港まで移動して、そこからはモニターツアーに参加。最初の目的地は「鹿洞書院(ノクトンソウォン)」。
金忠善を追悼するために建立されたとこ。
金忠善は、朝鮮に帰化した日本人「沙也加」将軍を祀った場所です。
入り口には招き猫も!
こちらが沙也加将軍こと、金忠善。豊臣秀吉に反発して韓国人に帰化したとか。すごい勇気!
夜は懇親会。タルソン郡の方たちと交流しながら、夕食をいただきました。

タルソン郡の名物。もち米で作ったお酒。素材や造り方にこだわり、飲むと体に良いんだとか。味は紹興酒に似た甘い風味。美味しかった!

海鮮鍋。カニやアワビなど豪華食材入り。

2日目に続く。

7月12日の夕方、ヤフオクドーム近くにある在福岡大韓民国総領事館を訪れた。ハングルを勉強している会のメンバー20数名が招待されたのだか、その理由はハングルの勉強はもちろん、それを生かしつつボランティア活動や韓国文化に触れるイベント、韓国の方々との交流を長く続けて来たことに関心を持たれたからだそうだ。
領事館は以前にも数回来たことはあったが、庭園に入ったのは初めて。この日のために(?)整備された芝は美しく、白いテーブルの上にチャプチェ、プルコギ、キンパ、マッコリなどが用意されていて、それだけで気分マックス!
一人一人に挨拶される総領事の心温まる言葉に嬉しくなり、楽しい時間を過ごすことができた。ハングルでの自己紹介は緊張したが、こういった場所で話す機会を得たことも貴重な体験。
職員の中には私なんかよりも九州情報に詳しい人がいて、ビックリ!
ますますハングルを勉強して、韓国を楽しみ、交流をしていきたいと切に思った夜だった(^。^)