全羅道には美味しいものがいっぱい!

3月15日、韓国観光福岡支社で、コリアンフードコラムニスト八田靖史さんのトークイベントがあった。内容は韓国南西部の全羅道の食の魅力について。これまで韓国全土で1500軒以上食べ歩いた経験をもとに、それぞれの地方の歴史や地理、交通、産業など食べ物の背景を織り込みながら美味しい料理や食材について語った。会場を埋めた100人近い人々が垂涎の思いで話に聴き入っていた。

全羅北道の道庁所在地である全州(チョンジュ)の名物料理といえばビビンバ。ここのビビンバの特徴は20種以上の食材を使っていること。全羅北道一帯の食材が集まる交通の要所だからこその味だという。20種以上も使っているので一口一口食べるたびに違う味が楽しめるという話にも納得!

ほかにヤカンのマッコリを頼むとオマケに料理がズラリ並ぶマッコリ専門居酒屋や、中にビビンバが入ったコロッケなど、気になる料理がいっぱい。


全羅北道の第3の都市、群山(クンサン)は日本統治時代に米の輸出港だったので日本人の数の方が多い時期もあったようで、日本建築のお寺や家が残っている。カンジャンケジャンが有名だが、ほかにも韓国で最も古いベーカリーや歴史のあるホットク専門店もある。

八田さんが何を食べても美味しいというのは麗水(ヨス)。なかでも、ポンポン船に乗って食べに行くハモの刺身は一番だそう。玉ねぎにのせてコチュジャンを添えて味わう。韓国流よ食べ方にも惹かれる。

ほかにも食べてみたくなったのは、扶安(プアン)のアサリのお粥、ワカメや昆布の名産地で養殖されるワンドのアワビ、霊光(ヨングァン)のクルビなど。

アクセスはちょっと大変だが、苦労しても行ってみたいほど、本当に美味しい物が豊富なエリアだ。ほかの地域の話も八田さんに聴いてみたいものだ。